薬膳料理とは|ごうや亭とは|ごうや亭

ごうや亭ご注文・ご予約は0973-22-5002

ごうや亭について

ごうや亭についてお料理店内のご紹介お土産交通案内ご予約・お問合せ

HOME > ごうや亭とは > 薬膳料理とは

薬膳とは

薬膳とは薬膳とは、中医学理論に基づいて作られた食事で、その目的は疾病の予防、病気の回復、そして健康を保つための美味しい食事です。

薬膳と聞くと、いわゆる漢方の生薬、薬草、乾燥させた昆虫など、特殊な食材でつくった料理を連想される方も多いと思われますが、それは誤った考えです。
薬膳とは「自然を重視し、季節やその人の体調に合わせて作る料理」のことで、けっして特殊な食材を使うわけではありません。すべての食材に“効き目”があると考えます(薬膳とは“すぐ効く”ものではありません)

薬膳とはたとえば、トマトを食べると体調がよくなる、カボチャを食べると冷え症が治る、というように直接的な効果を連想される方も多いと思いますが、そうした考えは、薬膳の考えとは離れてしまうものです。

季節に合わせて、また食べる人の体調を看て、適した食材で料理を作って食べる。 これを習慣として採り入れることで、体調をいい状態に保つ、つまりは病気にならないようにする、というのが薬膳本来の考えです。

薬膳の考え方を使って「病気を治療する」、より専門的な薬膳もありますが、基本的には、西洋医学で処方される薬のように、“すぐに効く”という考え方はしないのです。
習慣を重視することが大切です。

ごうや亭ではこの薬膳を取り入れ、健康に配慮した薬膳料理をご提供しております。